アレルナイトプラスの成分は安全なものなの?

アレルナイトプラスの代表的な成分を解説

眠れないほどの夜の痒みを改善してくれるサプリとして話題になっているアレルナイトプラス。

 

夜の痒みに悩んでいて、アレルナイトプラスに興味を持っている方も多いのではないかと思いますが、そういった悩みを持っているだけに直接口に入れるサプリにどんな成分が含まれているかは気になるのではないでしょうか。
もしも自分の体に合わない成分が入っていたら、さらに症状が悪くなることも考えられますからね。

 

ここではアレルナイトプラスに配合されている成分について解説してみたいと思います。

 

アレルナイトプラスの全成分

まず、アレルナイトプラスの全成分は以下のものになります。

 

マルチトール、エリスリトール、植物性乳酸菌(植物性乳酸菌(殺菌)、デキストリン)、ギャバ、ラフマ葉抽出物、アメリカンジンセンエキス、クワンソウエキス、バレリアナ根抽出物、パラチノース、デキストリン、グリシン、クエン酸、香料、ビタミンB2、パントテン酸Ca、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、スクラロース)、ビタミンB6、ナイアシン、ビタミンB1、ビオチン、ビタミンB12、葉酸、微粒二酸化ケイ素

 

アレルナイトプラスの主成分である植物性乳酸菌

これらの成分の中でアレルナイトプラスの主成分となるのが植物性乳酸菌で、植物性ラクトバチルス乳酸菌と呼ばれるものです。
この植物性ラクトバチルス乳酸菌はアトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状を緩和する効果が確認されています。

 

日本人にとって身近な食品である酒粕から発見されたもので、酸に強く酸素がなくても繁殖できるという特徴を持っています。

 

この植物性ラクトバチルス乳酸菌の1日に必要とされる摂取量は100mgとされているのですが、食事から摂取するのは困難です。
けれど、アレルナイトプラスには1,000億個の植物性ラクトバチルス乳酸菌が配合され、手軽に100mgを摂取できるのです。

 

ラフマ葉抽出物やギャバなどのハーブ類

次に重要な成分としてラフマ葉抽出物やギャバといったハーブ類があります。
ラフマ葉抽出物やギャバは快適な睡眠をサポートしてくれる働きがある成分です。

 

これらハーブ類の働きによって、眠りについたら朝まで目覚めることなくゆっくりと体を休めることができます。

 

健康な肌のために必要なビオチン

そして、ビオチンもまたアレルナイトプラスの特色といえる成分です。
ビオチンが不足すると皮膚の炎症、肌荒れ、肉体疲労、不眠などの体の不調が発生するといわれています。

 

アレルナイトプラスにはビオチンがたっぷりと配合されているため、荒れた肌を回復させていくことが可能となっています。

 

夜の痒み対策のための成分を厳選して作られたアレルナイトプラス

このようにアレルナイトプラスには、アレルギー症状の対策となる植物性ラクトバチルス乳酸菌、快適な睡眠を助けてくれるハーブ類、そして肌の再生のためのビオチンといった夜の痒みを改善してぐっすりと眠るための成分が配合されているのがわかります。

 

またアレルギー特定原材料を使用せずに製造され、ステロイドや着色料、防腐剤なども使われていないので安心して口にすることができます。

 

夜の痒みに悩んでいるなら、試してみてはいかがでしょうか。

 

 

アレルナイトプラスの効果や口コミを見てみる